育児休暇を取得するのは難しい?

育児休暇を取得するのは難しい?

本日は最近のブログの内容からガラッと変わって、ちょっと難しい話。

とあるパパは1年間の育児休暇を取得しています。
会社で男性が育児休暇取得したのは初めてでした。
僕の周りに取っている男性はいません。

たまに友達の会社の人が取っているとか聞きますが、数か月だけのようです。

育児も落ち着いてきたので、友達が遊びに来たり、ちょっと遊びに行ったり
するようになりまして、その時に育児休暇を取っていることを言うと、
「すごいなぁ!!」「いいなぁ!」と必ず言われます。

で、この前10数年ぶりに高校の時の友達と再会しました。
とあるパパと友達2人の3人で、ランチしました。

友達はどちらも主婦で2人の子どもがいます。

その友達に再開するやいなや、「すごいなぁ(ネガティブ要素満載)」と言われました。

いい意味の「すごいなぁ」は、よく言ってもらうのですが、
ネガティブ要素が入った「すごいなぁ」は初めてだったので
どうゆうこと??って聞くと、、、、、

旦那が1日中家におるとかありえん。世話せなあかんのが一人増えるからイヤや。
とのことでした。

なーるほど!!

そりゃ嫌ですよね。子供が生まれて神経使うのに、何もしない大人と一緒はいやですよね。

その友達の旦那さんは、亭主関白なところがあるそうです。
朝、起きてくる前にアイロンをかけたシャツを用意しておいて、
コーヒーを入れておく。
もしこれがないと怒っちゃうそうです。

僕からすると自分ですればって感じです。

ほかにも、レトルトのパスタの作り方を知らなくて、
湯煎して温めるだけのソースをお湯に溶いたらしいです。
ププププっ!ありえないですね。
箱の裏見て作れば、誰でも作れると思うんですけどねーー。

ちなみに僕はもちろん家事は何もできませんでした。

子どもの頃は母親の手伝いをするわけでもなく、遊んでばかりいました。

家事をするようになったのは、妻と結婚するずっと前に同棲していた時ですね。

料理は学生時代に飲食店でバイトしていたので、ある程度知識はありました。

妻と同棲していた時は妻も仕事をしていたので、家事は分担。
その時に覚えたって感じです。

その後、お互い一人暮らしの期間があって成長。

これがあったので結婚してからも家事をすることに抵抗がなく、
できたのだと思います。

育休を取得するには、家計のことよりも家事の事が引っかかって
取得できないのかな?と思いました。

家事は簡単。今のママさんたちも初めはできなかったのです。
一つずつ覚えて毎日していれば、すぐにできるようになります。

我が子の成長をじっくり見れる貴重な時間を、確保できる制度があるので、
これは使った方がいいです!

ママもとても助かるし、子どももパパと一緒に入れてうれしいに決まってる。

今これを読んでいる、家事があまりできていないパパさんはちょっとずつ家事しましょう!



最後までありがとうございました。
下のボタンを押していただけると、たくさんの人に見てもらえて、
励みになります!


子育てパパランキング

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村